×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今回紹介するのは中国で発見した「POWE RANGERS SPD」のアイテムです。
(画像左端のデカマスター/マーフィーは日本未発売のバンダイ製正規品)
日本では登場しないサンドバギー(4輪バイク)がロボット形態へ変型します。
元ネタはどうやらバンダイ製のビークルトイ(日本未発売)なのですが、
本来存在しないロボットモードへ無理矢理変型させてしまうというセンスと根性は脱帽もの。
ロボットモードはおそらく同メーカーがコピー品を発売している「ゴーボッツ」シリーズからの
フィードバックなのではないかとおもわれます。

レッドビークル
サンドバギーからロボットへ変型、ロボットモードは頭でっかちなデザインで、膝関節がゆるいのが難点。
変型システムは正規品の変型機構を活かしているが、ビークルモードでの車輪が前後逆などの違いがある。
足首部分は変型時取り外すが、ビークル後部に取り付け穴がありよくわからない(尾翼?)ながら取り付け可能。
ハンドル部分のスイッチを押す事でヘッドライトが点灯、爆撃音、ピロピロ音など「いつもの電子音」が鳴る。


バンダイ版(右)との比較
サイズはひとまわり小さいが、変型機構などはかなり似ている。
(くわしい比較はコチラ)

ブルービークル
サンドバギーからロボットへ変型、レッドビークルのような正規版との変型システムの類似は正規版を未見な為不明。
両腕は変型時取り外し、車体前下部にウインチとして取り付ける。
フックはロボット時に手持ち武器(?)として使用する。
腕の変型には工夫が見られ、フックを外さずに変型させる事が可能になっている(肩は外すんだけど)
レッド同様ハンドル部分のスイッチを押す事で車両先端部が光り「いつもの電子音」が鳴る。


バックカード
レンジャーが搭乗しているビークルモードはオフィシャルの写真を流用している。

おまけ(ほんものSPD)