×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


↑上からタカラ製、チャンピオンクラウン製、香港製元祖


↑ロボットモードの比較(右がチャンピオンクラウン製再販版)
胸ウインドの色(初期の物はオレンジ、再販版は黒のクリア)、胸下のラインの色(再販版は光沢があるシルバー、昔の物には光沢がない)膝シールの違い等がわかる。



↑トレーラーモード比較
下がチャンピオンクラウン版


↑コンテナ内部比較
右側がチャンピオンクラウン版


↑中央がタカラ版、いんちき版にはタワーと給油銃がない。

 


↑フロントグリルはいんちき版の方が大きく
モールド等もまったく異なっている

←タカラ版との比較
胸ウインドの形状の他にも
フロントグリル、肩の排気ダクト、膝横のタンクの形状、車輪の形状、銃の形状などが異なる。


↑煙突は2連の物と、ハシゴに変更されている。


↑右のタンクが四角いのがいんちき版


↑銃の形状はまったく異なっている。


↑ローラーの差は後方の突起が存在しない程度。
発射装置にもそれ用の穴も無い。