×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


↑右が小型版、頭部の色などもノーマル版に準じている。

↓ビーストモードで見ると親子のゴリラのようだ。

↓トップ画像を小型版で再現。
(初代コンボイはセブン製の物を使用、いんちき版の小さいのがあればいいんだが)

↓ハスブロ版(右)との比較

↓左がいんちき版、ちなみにパッケージイラストの足部分にも赤いパーツは書き込まれていない。

 


↑ビーストフェイスも当然存在する。
白地に金の塗装がかっこいい。

←ゴリラ頭部には何やら寂しげな変型モールドの跡が・・・
でも気にすんな!

↑鉄球状の武器の比較
ノーマル版は、ヒモはかなりぞんざいな梱包ヒモのような物が使われている。小型版には開封時点でヒモが入っていない。

←曲刀状の武器、背中の隠し武器が無いため収納はできない。

 

↑左側が現行のパッケージ、右側が旧パッケージ
 旧パッケージにメーカー表記はない。ちなみに新パッケージの裏には、メタルス2初期ラインも含む海外のビーストウォーズアイテムに加えて「ライオコンボイ」も表記されている。

↓右が小型版、小型版はゴリラ頭部が上に上がった状態でパッケージングされている。
小型版の旧パッケージも存在する。