×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今回紹介するのは、以前台湾で購入した「GODMASTER(METAMORPHSシリーズ)」(画像左)と、韓国の「GODMASTER」(画像右)です。
(トップ画像は左側にオリジナル版)

どちらも、トランスフォーマーのオーバーロードをモチーフにした「いんちき版」ですが、分離形態は3機合体になっています。内訳は、いわゆる「メガ・チャイルド」部分、「メガ本体にドリルを取り付けたもの」、「ギガ・タンク」です。台湾で「METAMORPHS」版を見つけた時点では「この商品オリジナルのギミック」と思ったのですが、韓国版を見つけ、同様のギミックに驚きました。ドリルのデザイン等から見ると「韓国版の縮小コピーがMETAMORPHS版」とも言い切れない事から、「オーバーロード3機合体の謎」は深まるばかりです。
ちなみに、どちらの説明書にも「メガ・チャイルド」と「ドリル・メガ(仮称)」の合体状態「メガ・ジェット」形態も掲載されています。


分離状態、小さい方が「METAMORPHS」版


韓国版パッケージと内箱

韓国版は赤青白のトリコロールカラーで成型され、どことなくブレイブマキシマスに似たイメージになっている。
銀メッキ等も多用し豪華なイメージを演出しているが、腹部の武器展開ギミックや基地モードがオミットされている。
マスター戦士は分離形態が3機なのを受けてか3体付属、ロボ時には一人あまってしまうのが問題。(コクピットに入れておくのか?)
なぜかビークルモードの車輪が、金属の物に変更されている。


3形態の名称
ちなみに「メガ・ジェット」形態の名前は「MAX FIGHTER」



赤、青、黄3体の「MASTER MAN」(ゴッドマスター)が入っている。
金型はどれもギガの物。


基地モードはオミットされ、それ用のギミックは削除されている。


「METAMORPHS」版のパッケージ、表面、裏面

「METAMORPHS」版はカラーリングの問題があるものの(なぜかギガ・タンクがニコイチな色になっている)オーバーロードの縮小版としてもそれなりに出来がよいアイテム。
マスター戦士の合体など、全体的にギミックが簡略化されているが、韓国版ではオミットされている基地パーツの一部(2連銃)も付属している。


「ロボットマスターズ」に新戦士?
ジンライは以前、中国で入手した縮小版(これも出来がよい)